rss

    news

  • editor's talk

news

COMING SOON !

日程は変更になる場合もございます。
詳細の決まっているイベントは、リンク先の各ページに詳細を掲載しています。


◆開催中

山尾悠子+中川多理『小鳥たち』出版記念 京都巡回展
9月21日[土]〜10月14日[月祝]*金土日祝のみオープン
会場:京都・山科 春秋山荘





◆COMING SOON

■春秋山荘『小鳥たち』出版記念/読書会
9月22日[日]14時〜 
会場:京都・山科 春秋山荘

お申し込みはコチラ>>onlineshop


『小鳥たち』出版記念/山尾悠子読書会
モデレーター:赤羽卓美 ゲスト:ミルキィ・イソベ
9月28日[土]17時〜 
会場:パラボリカ・ビス

お申し込みはコチラ>>onlineshop


■麻生志保 中村美梢/東京エンドパフォーマンス
9月29日[日]15時〜
会場:パラボリカ・ビス


■中村美梢花活けワークショップ「終わる始まり」
9月29日[日]17時〜
会場:パラボリカ・ビス

お申し込みはコチラ>>onlineshop

■「乙女座の耽美展 ~アリスと薔薇と人形と~」
9月28日[土]~10月28日[月]★火水休館
会場:パラボリカ・ビス

相場るい児
麻生志保
荒井黒陽
コイケジュンコ
佐久間友香   
土谷寛枇
樋上公実子
村上仁美
Mekkedori

update2020/02/08

news

営業日のお知らせ

【パラボリカ・ビス営業日】
月木金/13時〜20時 土日祝/12時〜19時 [火水休館]

【京都・山科 春秋山荘営業日】会期中のみオープン
金土日祝/12時〜19時

update2020/02/08

news

【京都】山尾悠子+中川多理『小鳥たち』出版記念 京都巡回展

山尾悠子の小説に、中川多理が人形創作で応えていくという、
ふたりの作家が交互に創作を重ねた希有な幻想譚、
『小鳥たち』の出版記念展、いよいよ京都に巡回いたします!
本作のために創った、黒衣の小鳥の侍女たち、
そして大公妃の人形をご覧いただけます。


+─────────────────────────────────+
 山尾悠子+中川多理『小鳥たち』出版記念 京都巡回展
+─────────────────────────────────+

2019年9月21日[土]〜10月14日[月祝]★金土日祝のみオープン
会場︱京都・山科 春秋山荘


[販売方法について]
●作品は抽選販売となります。
 9月29日[日]17:00まで
 抽選のお申し込みを承ります。(金土日祝のみオープン)
●会場にて受付いたします。電話/メールでの受付はいたしません。
●9月30日[月]14:00頃に当選者様のみにご連絡いたします。
 作品ごとに抽選いたしますので、複数当選する場合もございます。
●当選後、10月6日[日]までにお支払いをお願いいたします。
 分割払いはお受けできません。またお支払いが残っているお客様は抽選に参加できません。
●当選後のキャンセルは承れません。
※転売不可
※お渡しは会期終了後、春秋山荘、パラボリカ・ビスでのお引き渡し、または着払い発送になります。

申し込みのなかった作品は、10月11日[金]13:00より
先着順で販売いたします。







『小鳥たち』特装版のご案内
一般書店などで販売される普及版とはべつに、
特別仕様の特装版をご用意いたしました。展覧会会場にて販売いたします。


----------------------------------------------------------
★特装版A〈京都ver.〉︱エクスリブリス付き特装本
----------------------------------------------------------
頒価:4,500円(税込)→ 会場限定価格:4,000円(税込)
限定50部︱蔵書票︱画:中川多理(本書のための描き下ろし)
※特装本はコーデクス装
※表紙と蔵書票の絵柄が変わります。
会場にて、9/21〜販売いたします。

----------------------------------------------------------
★特装版B(2種)︱銅版画付き特装本
----------------------------------------------------------
頒価:各15,000円(税込)→ 会場限定価格:各12,000円(税込)
限定各30部︱中川多理の版画作品
「小鳥の侍女:双頭バージョン 」
「小鳥の侍女:球体関節人形バージョン」
※特装本はコーデクス装
会場にて、9/21〜販売いたします。残部僅少につきお早めにどうぞ!

----------------------------------------------------------
★特装版C︱人形付き特装BOX
----------------------------------------------------------
頒価:180,000円(税込)→ 会場限定価格:各150,000円(税込)
本作のために創られた小鳥の侍女たちの人形の、ちびっこバージョン付。
※特装版Cの人形は一点一点オリジナルです。
※特装本はコーデクス装
会場にて、9/21〜抽選販売いたします。


☆蔵書票、銅版画、人形などの詳細はHPtwitterFacebookにて随時アップしていきます。






京都・山科 春秋山荘
■金土日祝 12:00~19:00(会期中のみ)
■入場料:500円
京都府京都市山科区安朱稲荷山町6
TEL:075-501-1989(会期中のみ)
★駐車場がございます。お車でのご来場もお待ちしております。

アクセス
● JR琵琶湖線・湖西線/山科駅 徒歩20分
● 京都市営地下鉄東西線/山科駅 徒歩23分
● 京阪電気鉄道京津線/京阪山科駅 徒歩22分

shunjusanso_map_180902.jpg


春秋山荘FB
https://www.facebook.com/syunju.sanso/







★ 好評発売中! ★

--------------------------------------------
『小鳥たち』
山尾悠子︱文
中川多理︱人形・写真
--------------------------------------------

降りそそぐ小花、

時空はゆらぎ、

小鳥の侍女たちが行き交う庭園と城館。

—— そこは迷宮?

第46回泉鏡花文学賞受賞作家 山尾悠子の最新作!!
あらたな領域に踏み入る記念碑的作品。
山尾悠子の小説と中川多理の人形が織りなす奇蹟の幻想譚。


発行:ステュディオ・パラボリカ
四六判/上製(糸かがり)/カラー/104ページ
装幀:ミルキィ・イソベ
定価2,200円+税


オンラインショップはコチラ>>

update2019/09/04

news

『小鳥たち』出版記念/山尾悠子読書会

ECokPZTVAAADdIE.jpeg


----------------------------------------------------------
『小鳥たち』出版記念/山尾悠子読書会
----------------------------------------------------------
モデレーター:赤羽卓美
ゲスト:ミルキィ・イソベ


■日時:9月28日[土]17:00~
■料金:1,800円(入場料込/お茶付き)
■会場:パラボリカ・ビス
※飲み物持ち込み可
※読書会は音読するので未読の方も楽しめます。お気軽にご参加ください。

お申し込みはコチラ>>onlineshop


kagariito.jpg


山尾悠子『小鳥たち』を声に出して読んでみる。黙読では気がつかなかったものが浮かび上がって来ます。そして、気軽に語り合いましょう。
さらに、ミルキィ・イソベが『小鳥たち』の造本装幀を解説、この本が出来上がるまでの編集秘話(?)もこっそり披露します。

参加の方は『小鳥たち』をお持ち下さい。
お持ちでない方は、会場にて『小鳥たち』普及版、あるいは、『小鳥たち』特装版A〈reading party Special〉のどちらかをご購入ください。


 + + +


★『小鳥たち』特装版A〈reading party Special〉は限定30部/頒価4000円(税込)。
読書会特別仕様の特装版です。参加者のみ購入可能です。



 + + +


『小鳥たち』
山尾悠子の小説に、中川多理が人形創作で応えーー。交互に創作を重ねた希有な幻想譚。


あらすじ

「小鳥たち」
城館では戴冠をめぐって駆け引きが。市中では、貧しい母娘たちが神々しくティアラを冠る。

「小鳥たち、その春の廃園の」
庭園の女神像を一目見ようとして人々は迷宮をさまようことになる。ドローンやAI兵に追われることになった女友達は何者か。そして、小鳥の侍女たちにいくつもの時代を繋がせるのは、かつての老女王か。

「小鳥の葬送」
――ほんのわずかだけ振り向いたが、レース帽をつけた頭髪の向こうに巨大な鳥の嘴の一部があった。
夜中に徘徊し、小物を盗む老女と化した老大公妃。死後3日目の復活とは?







会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。

update2019/08/29

news

相場るい児(陶芸)中村美梢(添え花)

パラボリカ・ビス2Fのmattina [マッティナ]では、
相場るい児さんの器をたくさん取り揃えて展示中です。
中村美梢さんが添え花してくださいました。




■会場︱パラボリカ・ビス
 東京都台東区柳橋2-18-11
■お問い合せ︱TEL 03-5835-1180

■アクセス︱「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。






中村美梢・花のワークショップ1/風がわる日常 ←終了いたしました

───────────────────────

草月流・中村美梢とともに
   破風な花のワークショップ。
  テーブルの上で、庭で、会場で、変幻自在の花遊び。

───────────────────────

【第一回】
7月28日[日]
16:00~花のワークショップ
18:00~茶楽会(夜想編集長セレクトのお茶とお菓子。花の顔(かんばせ)を楽しみながら)

■料金:5000円(お茶+お菓子付/花材・入場料込)
■定員:限定10名
■会場:パラボリカ・ビス
スペシャルサンクス 相場るい児/麻生志保/夜想編集長

生けたお花は展示します。終了後に花材はすべてお持ち帰り頂けます。
年齢制限はございません。


お申し込みはコチラ>>online shop







[同時期開催]
山尾悠子+中川多理『小鳥たち』出版記念展
2019年7月19日[金]〜8月18日[日]★火水休館

update2019/07/25

news

【新刊】『小鳥たち』山尾悠子 中川多理



降りそそぐ小花、

時空はゆらぎ、

小鳥の侍女たちが行き交う庭園と城館。

そこは迷宮?

第46回泉鏡花文学賞受賞作家 山尾悠子の最新作!!
あらたな領域に踏み入る記念碑的小説。小説と人形が織りなす奇蹟の幻想譚。






『小鳥たち』
山尾悠子 文
中川多理 人形・写真

+++

装幀:ミルキィ・イソベ
本体価格:2,200円+税
発行:ステュディオ・パラボリカ
ISBN978-4-902916-41-6 C0093
四六判/104ページ/上製/カラー

お求めはコチラ>>online shop

kotoritachi_JK50%2572dpi.jpg




★物語と人形たち
まず山尾悠子による「小鳥たち」という掌篇が書かれ、登場する小鳥たちを人形作家の中川多理が創作した。その人形作品を踏まえて『夜想#中川多理―物語の中の少女』に続編「小鳥たち、その春の廃園の」が書かれ、再び呼応して新たな人形が作られた。
さらに、最終章「小鳥の葬送」が書き下ろされ………。


★摩訶不思議な幻想小説の奇蹟の成立
山尾悠子の幻想譚は、場面が揺らぐように紡がれていき、確かにそこに伽藍はあるのだけれどもこちらの認識が朧になるという快楽性をもっている。構造はあるが、揺らいでグラデーションでずれていく。その揺らぎに現実の人形が参加しているのだ。

母、娘、そして侍女……風景も時間も
揺らぎながら紡がれていく、芳しく神々しい幻想譚。






【プロフィール】

❖山尾悠子 Yamao Yuko
一九五五年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文科卒業。七五年、「仮面舞踏会」(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。著書に『夢の棲む街』『仮面物語』『オットーと魔術師』『山尾悠子作品集成』『ラピスラズリ』『歪み真珠』『夢の遠近法』『角砂糖の日』(歌集)など。『飛ぶ孔雀』で、二〇一八年、第46回泉鏡花文学賞、二〇一九年、第69回芸術選奨文部科学大臣賞、第39回日本SF大賞受賞。


❖中川多理 Nakagawa Tari
埼玉県岩槻市出身。筑波大学芸術専門学群総合造形コース卒業。DOLL SPACE PYGMALIONにて吉田良氏に師事。二〇〇九年より個展多数。札幌市で人形教室を主宰。主な作品集に『イヴの肋骨』、『夜想#中川多理―物語の中の少女』(ステュディオ・パラボリカ)。
https://www.kostnice.net







【京都】山尾悠子+中川多理『小鳥たち』出版記念 京都巡回展

山尾悠子の小説に、中川多理が人形創作で応えていくという、
ふたりの作家が交互に創作を重ねた希有な幻想譚、
『小鳥たち』の出版記念展、いよいよ京都に巡回いたします!
本作のために創った、黒衣の小鳥の侍女たち、
そして大公妃の人形をご覧いただけます。

9月20日[金]〜10月14日[月祝]*金土日祝のみオープン
会場:京都・山科 春秋山荘

詳細はこちら>>







山尾悠子+中川多理『小鳥たち』出版記念展  ←終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

山尾悠子の小説に、中川多理が人形創作で応えていくという、
ふたりの作家が交互に創作を重ねた希有な幻想譚、
『小鳥たち』を刊行する運びとなりました。
出版を記念し、中川多理の人形展を開催いたします。
本作のために創った、黒衣の小鳥の侍女たち、そして大公妃の人形をご覧いただけます。

7月19日[金]~8月18日[日]★火水休館
会場 パラボリカ・ビス

update2019/07/10

news

作家別Facebookページ

作家別のFacebookページをつくりました。

ただいま開催しております「断章〜Fragments〜」展の
出品作品をご紹介しています。
作品は随時アップしていきますので、ぜひフォローをお願いいたします。

■相場るい児>>FB
■江村あるめ>>FB
■赤色メトロ>>FB
■土谷寛枇>>FB
■ヒラノネム>>FB
■吉田美和子>>FB







夜想 parabolica-bis >>Facebookページ

update2019/03/20