rss

    news

  • editor's talk

news

COMING SOON !

日程は変更になる場合もございます。
詳細の決まっているイベントは、リンク先の各ページに詳細を掲載しています。

◆開催中


「黄泉月夜」
2018年9月1日[土]〜9月30日[日]、10月19日[金]~10月28日[日]←会期延長しました
★10月5日[金]~10月14日[日]は春秋山荘休館
★会期中の金土日祝のみオープン
★会場:春秋山荘

[参加作家]
相場るい児
麻生志保
江村あるめ ※会期途中より参加
大寺史紗
佐久間友香
赤色メトロ
建石修志
中川多理 ※会期途中より参加
中川ユウヰチ ※会期途中より参加
フジイフランソワ ※会期途中より参加
山本直彰 ※会期途中より参加
渡邊加奈子 ※会期途中より参加


『夜想・髑髏展』京都巡回展
2018年9月22日[土]〜9月30日[日]、10月19日[金]~10月28日[日]
★10月5日[金]~10月14日[日]は春秋山荘休館
★会期中の金土日祝のみオープン
★会場:春秋山荘

[参加作家]
相場るい児
麻生志保
CLICK CRACK
Kengtaro
佐久間友香
建石修志
守亜・荒木刺身(共作)
森村泰昌
山本タカト
山本直彰


夢見る茶畑展
2018年10月1日[月]〜10月29日[月]★火・水休館
★会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)


森村泰昌 MoriP100 「≒1/6⇄1/1」Pop-up store in parabolica-bis
2018年10月5日[金]〜10月28日[日]★火・水休館
★会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)


猫たま展
2018年10月6日[土]〜10月29日[月]★火・水休館
★会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
[参加作家]
相場るい児
清葉
佐久間友香
日野まき


中村美梢×麻生志保 二人展「逍遥スル月齢」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館
★会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)


森脇昌子遺作展「太陽を落とす日」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館
★会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)





◆COMING SOON

■駕籠真太郎個展+奇想電影上映会
2018年11月23日[金・祝]~12月20日[木]★火・水休館
期間中、特殊似顔絵と駕籠真太郎原作監督の短編映画上映あり。
★会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)


■相場るい児「旅する茶碗」展
2018年11月2日[金]~11月25日[日]
★会期中の金土日祝のみオープン
★会場:春秋山荘

update2020/02/08

news

休館日のお知らせ

【定休日】
パラボリカ・ビスは、毎週火曜日、水曜日が休館日となります。

update2020/02/08

news

森脇昌子遺作展「太陽を落とす日」

10月13日[土]〜10月28日[日]★火水休館 @パラボリカ・ビス
★入場料ムサビ学生無料!!








[Event]
10月21日[日]15:00〜
麻生志保(日本画家)さんと作品について語る茶話会を開催いたします。
■料金:1000円(ムサビ学生200円引き)※展覧会入場料込み
■会場:パラボリカ・ビス
 東京都台東区柳橋2-18-11map
■お問い合わせ・ご予約:パラボリカ・ビス 03-5835-1180

ご予約はこちら>>

イベントの日程・料金・内容は変更になる場合もあります。予めご了承ください。


「実感と衝動を軸足として
常に緊張感のある表現をしていきたい」
——2003年の卒業制作作品集より

森脇昌子 Masako Moriwaki

1979年生まれ 広島県出身
2003年 武蔵野美術大学造形学部日本画学科 卒業
2005年 武蔵野美術大学大学院造形研究科 美術専攻日本画コース修了

2017年10月22日38歳で亡くなる
長年消化器系の不調で入院通院をしながら制作
創画展、東京春季創画展 複数回入選







森脇昌子遺作展「太陽を落とす日」
10月13日[土]〜10月28日[日]★火水休館
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。







[同時期開催]
中村美梢×麻生志保 二人展「逍遥スル月齢」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館

[夢見る茶畑]展
2018年10月1日[月]~10月29日[月] ★火・水休館

森村泰昌 MoriP100 「≒1/6⇄1/1」Pop-up store in parabolica-bis
2018年10月5日[金]〜10月28日[日]★火・水休館

猫たま展
2018年10月6日[土]〜10月29日[月]★火・水休館

update2018/10/05

news

猫たま 展

10月6日[土]〜10月29日[月]★火水休館

身罷った猫がどこに行くのか、どこでどうしているのか、永遠の謎である。
だけれどもはっきりしているのは、見えなくなっただけで[居る]ことに間違いはないということだ。
存在する猫の魂には物性がある。作家の手がそれを形にする。
(今野裕一)

[Artists]
相場るい児
清葉
佐久間友香 ※会期途中より参加
日野まき






★日野まき(押絵・Paper doll)
nekotama_hinomaki.jpg


★相場るい児(陶芸)
nekotama_ruijiaiba03.jpg


★清葉(切り絵)
nekotama_kiyoha.jpg


★佐久間友香(日本画)
nekotama_sakuma_t_01_01.jpg







猫たま 展
10月6日[土]〜10月29日[月]★火水休館
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。






[同時期開催]

[夢見る茶畑]展
2018年10月1日[月]~10月29日[月] ★火・水休館

森村泰昌 MoriP100 「≒1/6⇄1/1」Pop-up store in parabolica-bis
2018年10月5日[金]〜10月28日[日]★火・水休館

中村美梢×麻生志保 二人展「逍遥スル月齢」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館

森脇昌子遺作展「太陽を落とす日」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館

update2018/10/05

news

中村美梢×麻生志保 二人展「逍遥スル月齢」

10月13日[土]〜10月28日[日]★火水休館

限界ギリギリまでの相互侵犯と差し響きを繰り返すバトルの軌跡。
親和と異和をレイヤーにする2人ならではの競演。

[Artists]
中村美梢(華道)
麻生志保(日本画)







中村美梢×麻生志保 二人展「逍遥スル月齢」
10月13日[土]〜10月28日[日]★火水休館
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。








[同時期開催]
森脇昌子遺作展「太陽を落とす日」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館

[夢見る茶畑]展
2018年10月1日[月]~10月29日[月] ★火・水休館

森村泰昌 MoriP100 「≒1/6⇄1/1」Pop-up store in parabolica-bis
2018年10月5日[金]〜10月28日[日]★火・水休館

猫たま展
2018年10月6日[土]〜10月29日[月]★火・水休館

update2018/10/03

news

森村泰昌 MoriP100 「≒1/6⇄1/1」Pop-up store in parabolica-bis

2018年10月5日[金]〜10月28日[日]★火・水休館


森村泰昌のMorip100 projectの全貌を一望できるポップアップストアが
柳橋パラボリカ・ビスに開店。
Morip100第3弾までのすべてのマルチプルが一堂に。

森村マルチプルはいくつかの特色をもっている。商品以上作品未満etc.
今まで焦点をあててこなかったミニマル性にターゲットを絞ってショップ展開しています。


マルチプルは ≒1/6のサイズに近くなっています。
今回のポップアップストアでは、森村泰昌「モリムラ絵画館(肖像画シリーズ)」MoriP100第3弾を納めたクレートBOX(1/6サイズ)を6倍にして(1/1サイズ)の瞑想茶室に仕立てました。


+─────────────────────────────────+
 ☆瞑想茶室☆
+─────────────────────────────────+
瞑想茶室で森村マルチプルを独占閲覧。
・2500円/お茶・お菓子付き
※週末祝日は通常観覧となります。


瞑想茶室をもって森トリップする2018年秋冬。
会場では特別価格でマルチプルをお求めいただけます。

+++

会期中に限り、会場限定価格にて販売中です!!
onlineshopでは10%offにて販売中!!
この機会に是非!

■お問い合わせ:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
電話:03-5835-1180






●MoriP100/第3弾(プロジェクト番号:MoriP100#015-020)
シリーズ名 : モリムラ絵画館(肖像画シリーズ)
MORIMURA PINACOTHECA : The Portrait Gallery
詳細はコチラ>>

新作「モリムラ絵画館」は、ミニチュアのモリムラ絵画計6点が、輸送用のクレート(実際の作品輸送時に使われる保護用の函)に収納され、オリジナル作品の気分を演出する、細部の再現性に優れたマルチプルです。6点の肖像画作品は、デューラー、モナリザ、ベラスケス、フェルメール、ゴッホ、ルソーという作品群で、購入者はミニチュア空間で絵画館を作ることができる、夢のような仕立てを堪能できるキットです。



moriP100/#015-020

#015/自画像の美術史(デューラーの手は、もうひとつの顔である) 
#016/はじまりとしてのモナリザ
#017/美術史の娘(王女A)
#018/フェルメール研究(振り向く鏡)
#019/肖像(ゴッホ)
#020/自画像の美術史(子供のためのアンリ・ルソー)


・ジークレ(キャンバスプリント)
・サイズ:F0号
・サインとエディションナンバー入り・作品キャプションシート付き
・価格:各27,000円(税込)→会場特別価格:各21,600円(税別)
・制作:ステュディオ・パラボリカ


+++++


★特別仕様のBOXセット(今期限定20セット)
特製クレート型BOXと6点のジークレのセット
特 典:サインとエディションナンバー入り・作品キャプションシート付き
価格 : 199,800円(税込)→会場特別価格:159,840円(税込)


ミニチュア造形作家・深谷友一朗さん手製のクレート型BOX。
精巧な作りにため息です。






●MoriP100/第2弾(プロジェクト番号:MoriP100#006-019)
シリーズ名 : モリーダ・カーロの青い家
La Casa Azul de Morida
詳細はコチラ>>

触れれば血の出るような人生に、
触れれば血の出るような装身具を。

100種類のマルチプル作品を100エディション制作するプロジェクト「MoriP100」。
ウォーホルに続き、第二弾のテーマは、女性画家フリーダ・カーロ。香しくも痛覚にひびく、身体的表現を展開します。


【展示作品/マルチプル】
MoriP100/006-014 モリーダ・カーロの青い家──La Casa Azul de Morida

・限定100部
・エディションナンバー付

006-014_itemlist_460.jpg


#006 赤い靴──Red Shoe
価格:35,000円(税込)*サイン入り →会場特別価格:28,000円(税込)

#007 赤い靴/アクション 10.07.2017──Red Shoes / Action 10.07.2017 
価格:7,300円(税込)*サイン入り →会場特別価格:5,800円(税込)

#008 髑髏の果実──Skull as a fruit
価格:45,000円(税込)*サイン入り →会場特別価格:35,000円(税込)

#009 痛覚の首飾り──Collar of Pain
価格:47,000円(税込)*受注生産 →会場特別価格:38,000円(税込)

#010 皮膚を着る──Wearing Skin
価格:120,000円(税込) →会場特別価格:85,000円(税込)

#011 心臓のシャツ──T-shirt with the heart
価格:20,000円(税込) →会場特別価格:16,000円(税込)

#012 モリーダ缶バッジ&ミラー──Morida Button Badge & Mirror
価格:3,500円(税込) →会場特別価格:2,800円(税込)

#013 モリーダ御朱印帖──Morida Book for temple / shrine seals
価格:15,000円(税込) →会場特別価格:12,000円(税込)

#014 生命万歳(お皿とお菓子)──VIVA LA VIDA (Plate and Wagashi)
価格:23,000円(税込) →会場特別価格:18,000円(税込)


★特別パッケージ:モリーダ・カーロの青い家
価格:300,000円(税込) →会場特別価格:250,000円(税込)
#006 〜#014 の全点セット。家の形の青い特装ボックス入り。






●MoriP100/第1弾(プロジェクト番号:MoriP100#001-005)
シリーズ名 : ポップアートの棺
Morimura’s “Coffin for Pop art”
詳細はコチラ>>

MoriP100 Project第1弾のBOXセットには、#001〜#005までの5アイテムがパッケージされています。


[セット内容]
#001/Morillo box_L モリロボックス[大]  
#002/Morillo box_S モリロボックス[小]
#003/Morilyn coasters (a set of 12) モリリンコースター12点セット 
#004/Morilyn masking tape モリリンマスキングテープ
#005/Morilyn button badges & a mirror モリリン缶バッヂ&ミラーセット

・限定100部
・ボックスにサイン
・価格:35,000円(税込) →会場特別価格:28,000円(税込)






森村泰昌 MoriP100 プロジェクト
Facebookページ https://www.facebook.com/MoriP100/







森村泰昌 MoriP100 「≒1/6⇄1/1」Pop-up store in parabolica-bis
2018年10月5日[金]〜10月28日[日]★火・水休館
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。




[同時期開催]
[夢見る茶畑]展
2018年10月1日[月]~10月29日[月] ★火・水休館

猫たま展
2018年10月6日[土]〜10月29日[月]★火・水休館

中村美梢 麻生志保 二人展「逍遥スル月齢」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館

森脇昌子展「太陽を落とす日」
2018年10月13日[土]〜10月28日[日]★火・水休館

update2018/10/01

news

【京都】岩下徹「みみをすます——谷川俊太郎同名詩集より」

2018年10月27日[土]16:00開演(15:30開場)@京都・山科 春秋山荘


岩下さんの啓示で本を開く。

音楽ではない音。
人間が星座を紡ぐように、音は紡ぐ、火との心を誘う。

岩下さんが、春秋山荘に点在する音を身体に
星座のような踊りになるのだろうか。

月の夜に
星を踊る

——今野裕一


+++


岩下徹「みみをすます——谷川俊太郎同名詩集より」
ポストパフォーマンス・トーク有
2018年10月27日[土]16:00開演(15:30開場)@京都・山科 春秋山荘
場所:春秋山荘 月逍台(観月台)
料金:投げ銭 *※別途、山荘入場料500円かかります

*竹林の中のステージで上演します。座席のご用意はありません。小雨決行。
*月逍台(観月台)は山の斜面で足元が悪いため、スニーカー等、歩きやすく汚れても大丈夫なお履物でお越しください。


ご予約はこちら>>>
[Googleフォーム]https://goo.gl/forms/MS5ya5aUXxmMDsD52

春秋山荘Facebook→https://www.facebook.com/syunju.sanso/


+++



photo: 清水俊洋


音楽のないダンス———岩下徹

お決まりの、といっていいほどダンスには音楽がつきものです。私のダンスもかつて、いつの間にかそのしがらみのなかに囚われてしまっていて、気がつくともう既にそこから一歩も逃れられなくなっていたことに、どうしようもなく苛立ちを感じていました。

そこで、私のダンスが本当に音楽なしで成立しないかどうか?思い切っていったん音楽から離れてみました。するとそこには、その時まで気づかなかった実に多くの音が聴こえてきたのです。音楽がまったくないことによって、通常それが流れている場では聴こえていなかったもの、意識されていなかった音が無数にあるということに気づかされました。観客の咳払いや椅子のきしみ、空調のうなりやロビーの話し声、さらにはおもてを行きかう自動車の走行音・・・。私は音楽以前にそれらの数えきれない音のなかに晒されていたのです。もっとたくさんの音を感じるためには、劇場から飛び出して色々な場所に身体を置いてみなければ、と思い始めた頃。この試みにどんな名前をつけたらいいか? とても困っていた矢先、たまたま知人宅で或る詩人の朗読会のライヴ録音、と思しきものが耳に飛び込んできました。


みみをすます
きのうの
あまだれに
みみをすます
・・・・・


思わず私はこの詩人に手紙を送りつけてしまいました。それから何日かたった或る日、自宅の留守番電話に「こんにちわ、たにかわしゅんたろうです。いわしたさんへ、『みみをすます』ごじゆうにおつかいください。」朗読する時のようなツヤのある明るいトーンのメッセージがはいっていたのです。それ以来「みみをすます(福音館書店刊、谷川俊太郎同名詩集より)」という非劇場空間での試みを続けています。これは振付作品ではなく即興なのですが、音楽や効果音はもちろん使いませんし、舞台や客席もほとんど設けません。できるかぎり何も用意されていないほうがいいし、そこでは観客は声を出してもよく、動いても構いません。そのままであること、いつもとまったく変わりないことが理想です。そのほうが劇場空間にいる時とはまた違ったものを感じられると思われるからです。ここには一般によく知られている<音楽>も<ダンス>もありません。しかし正にそのことによって、それまで気づいていかなかったものに「みみをすますこと」ができるのではないか、と思っています。







京都・山科 春秋山荘
■金土日祝 12:00~19:00
■入場料:500円
京都府京都市山科区安朱稲荷山町6
TEL:075-501-1989(会期中のみ)
★駐車場がございます。お車でのご来場もお待ちしております。

アクセス
● JR琵琶湖線・湖西線/山科駅 徒歩20分
● 京都市営地下鉄東西線/山科駅 徒歩23分
● 京阪電気鉄道京津線/京阪山科駅 徒歩22分

shunjusanso_map_180902.jpg






http://www.iwashitatoru.com/
岩下徹(いわした・とおる)<舞踊家>

国際的な舞踏集団<山海塾>ダンサー。ソロ活動では<交感(コミュニケーション)としての即興ダンス>の可能性を追求。1957年東京生まれ。82~85年石井満隆ダンスワークショップで即興を学び、83年ソロ活動開始。かつて精神的危機から自分のからだを再確認することで立ち直ったという経験を原点とするソロダンスは、等身大のからだひとつで立つことから始まり、場との交感から生まれる即興として踊られる。代表作に、「放下」、「みみをすます」、音楽家との即興セッション等。1989年より滋賀県/湖南病院(精神科)で医療の専門スタッフと共にダンスセラピーの試みを継続実施中。日本ダンスセラピー協会顧問。桜美林大学、滋賀県立総合保健専門学校非常勤講師。

http://www.iwashitatoru.com/






[開催中]
「黄泉月夜」展(9月1日~30日、10月19日〜28日)

『夜想・髑髏展』京都巡回展(9月22日~30日、10月19日〜28日)

update2018/10/01