rss

    news

  • editor's talk

news

COMING SOON !

日程は変更になる場合もございます。
詳細の決まっているイベントは、リンク先の各ページに詳細を掲載しています。





◆COMING SOON


■【京都】狐娘展
2019年3月23日[土]〜4月21日[日] ★会期中の金土日祝のみオープン
★会場:春秋山荘
[参加作家]
相場るい児
麻生志保
垣口彰宏
コイケジュンコ
佐久間友香
須川まきこ
土谷寛枇
中村美梢
湊敦子
吉田恵美
渡邊加奈子

[special event]
狐茶会 3月24日[日]
※詳細が決まり次第、ご予約受付開始いたします。



中川多理写真展「貴腐なる少年たちの肖像」
2019年3月2日[土]~3月31日[日] ★金土日祝のみオープン
★会場:パラボリカ・ビス

[special event]
■日時:3月17日[日]19:00~ ★要予約
■料金:1,500円(入場料込)
■会場:パラボリカ・ビス

森島章人によるヘリオガバルスに捧げる短歌の朗読も。
ギター演奏:安藤則男

ご予約はコチラ>>




■「断章〜Fragments〜」
2019年3月1日[金]~3月31日[日] ★金土日祝のみオープン
★会場:パラボリカ・ビス

相場るい児
麻生志保
江村あるめ
佐久間友香
赤色メトロ
土谷寛枇
ヒラノネム
深谷友一朗
山本直彰

update2020/02/08

news

営業日のお知らせ

【パラボリカ・ビス営業日】
パラボリカ・ビスは、2019年2月以降、金・土・日・祝の営業となります。

update2020/02/08

news

中川多理写真展「貴腐なる少年たちの肖像」

2019年3月2日[土]~3月31日[日] @パラボリカ・ビス


photo: Nakagawa Tari




三島由紀夫『癩王のテラス』、山崎俊夫『美童』、アントナン・アルトー『ヘリオガバルスまたは戴冠せるアナーキスト』、服部まゆみ『この闇と光』、山尾悠子『小鳥たち』……

『夜想#中川多理——物語の中の少女』出版記念展(京都・春秋山荘)には、東京の展示とはまた趣の異なる新作が並んだ。思いがけず、少年の人形が多く、しかも肉体と精神の闇と健全を交錯させる極北の頽廃が見られることになった。

京都の冬は厳しく、人形たちはひっそりとしかしながら孤高の存在を気高く時を過ごしていた。
歴史の中でひときわ異彩を放ったからこそ、三島が、アルトーが着目した少年たちが、中川多理の手によって形をもたらされ、そして展覧の期を終えて姿を消す。なんと至福の冬であったことか。

中川多理の選んだ小説を読返しながら、つくづく思うのは、人形の姿は、人や場面を写すのではなく、その存り様を収める器のようなものなのだと。なおかつ人を魅了し心に分入る不可思議の魔をもっているのが人形であるとすると、中川多理の人形の現在は、すでに伝説を生きているのかもしれない。

中川多理の写真によって春秋山荘での展示を、もう一度、深く体験し、
少年たちが運命としてもたなければならなかった[貴腐]がいかに精神を輝かせるかを追体験したい。

(今野裕一)



+─────────────────────────────────+
 森島章人+中川多理 対談
+─────────────────────────────────+

■日時:3月17日[日]19:00~ ★要予約
■料金:1,500円(入場料込)
■会場:パラボリカ・ビス

森島章人によるヘリオガバルスに捧げる短歌の朗読も。
ギター演奏:安藤則男


ご予約はコチラ>>

morishima_tari_2.jpg

「人形」―――中川多理へのオマージュ

 中川多理の人形は痛みを知っている。繰り返される破壊の世にあって、人形も無垢ではいられない。
 <形>は煉獄である。こころを持たないゆえに、なおいっそう、痛みは体軀に及び、人形たちはしんしんと耐えている。すでに内側に、何かが刻印されてしまったかのように。
 人形たちは、目を閉じてそれを見る。それを美しい聖痕、あるいはいびつな星痕と呼んでもかまわないだろう。

森島章人







会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。





★写真は展示販売いたします。

update2019/02/05

news

相場るい児 RUIJI AIBA 3 旅茶碗

旅茶碗とは、湯呑みよりは大きく、抹茶茶碗よりは小ぶりな茶碗のこと。
旅路のお供にどうぞ。


photo: Ruiji Aiba






桃太郎旅茶碗 →onlineshop




+++


白沢旅茶碗 →onlineshop




+++


獏旅茶碗 →onlineshop



+++


九尾の狐旅茶碗 →onlineshop



+++


髑髏旅茶碗 →onlineshop




+++


人形旅茶碗 →onlineshop




+++


龍旅茶碗 →onlineshop



+++


竹旅茶碗 →onlineshop



+++


スイカ旅茶碗 →onlineshop




+++


龍急須 →onlineshop







相場るい児 / RUIJI AIBA

1964年 
福岡県北九州市門司出身
1980-87年 
福岡・大阪にて音楽パフォーマンス等の活動を精力的にこなす。
1988年 
大阪学院大学卒業
1992年 
愛知県窯業高等技術専門学校卒業
愛知県・瀬戸市にて作陶開始。全国各地にて個展開催及び展示会に参加。

◆近年の主な個展
2013年
3月「アートフェア東京2013 相場るい児・個展」東京国際フォーラム/おとまつ画廊
4月「相場るい児・陶展ー螺旋」ギャラリー顕美子/名古屋
2014年
3月「相場るい児・陶展ー残像」ギャラリー顕美子/名古屋
5月「相場るい児・陶展ー幻想陶記」JR三越伊勢丹 アート解放区/大阪
8月「相場るい児・陶展ー和華蘭ーWaKaRan」銀座三越・美術ギャラリー/東京
10月「相場るい児・陶展ー残像」軽井沢ニューアートミュージアム
2015年
3月 「相場るい児・陶展ー転生」ギャラリー顕美子/名古屋
7月 「相場るい児・陶展ー掌宇宙」銀座三越 アートスペース∞/東京
2016年
1月 「相場るい児・陶展ー寝子覚醒」靖山画廊/東京

相場るい児プロフィール詳細は>>






[開催中]
相場るい児「旅する茶碗」展
2018年11月2日[金]~11月25日[日]★金土日祝のみ
開場:京都・山科 春秋山荘

update2018/11/06

news

相場るい児 RUIJI AIBA 2


されこうべランプ→online shop
+++

髑髏を持つ人形ランプ→sold out
+++

蛸と童子と髑髏→online shop
+++

髑髏に眠る童子→online shop
+++

蝸牛童子と髑髏→online shop
+++

蝸牛と少女と髑髏→online shop
+++

ドクロワンダーランドA→online shop
+++

ドクロワンダーランドB→online shop
+++

群髑髏丸根付→online shop
+++

孔雀旅茶碗→online shop
+++

孔雀小皿→online shop
+++

白鳳凰茶碗→online shop
+++

梟と蛙王子香合→online shop
+++

インコ茶碗→online shop
+++

アリス兎→online shop






この他にもOnlineShopにて作品を販売中です!
お求めはこちらから>>







相場るい児 / RUIJI AIBA

1964年 
福岡県北九州市門司出身
1980-87年 
福岡・大阪にて音楽パフォーマンス等の活動を精力的にこなす。
1988年 
大阪学院大学卒業
1992年 
愛知県窯業高等技術専門学校卒業
愛知県・瀬戸市にて作陶開始。全国各地にて個展開催及び展示会に参加。

◆近年の主な個展
2013年
3月「アートフェア東京2013 相場るい児・個展」東京国際フォーラム/おとまつ画廊
4月「相場るい児・陶展ー螺旋」ギャラリー顕美子/名古屋
2014年
3月「相場るい児・陶展ー残像」ギャラリー顕美子/名古屋
5月「相場るい児・陶展ー幻想陶記」JR三越伊勢丹 アート解放区/大阪
8月「相場るい児・陶展ー和華蘭ーWaKaRan」銀座三越・美術ギャラリー/東京
10月「相場るい児・陶展ー残像」軽井沢ニューアートミュージアム
2015年
3月 「相場るい児・陶展ー転生」ギャラリー顕美子/名古屋
7月 「相場るい児・陶展ー掌宇宙」銀座三越 アートスペース∞/東京
2016年
1月 「相場るい児・陶展ー寝子覚醒」靖山画廊/東京

相場るい児プロフィール詳細は>>








[イベント]
最新情報:http://www.yaso-peyotl.com

update2018/08/09

news

日野まき Maki Hino

日野まき

黄泉色の瞑さはいつまでも開けることはない。
黄泉色は漆黒ではなくどこかに安易な希望を孕んでいる。
それでも昏さには変りはなく、ときに紅を潜ませたスカートをはいて街に出る。
紅を潰した黒インク。

黒に華やかさが出てきたね。
もう大丈夫。
誰かが声をかける。
大丈夫、私はいつもここにいるから。
そう答える。

相変らず、平静に穴が空いているけれど
私の胸には。


「声」 サイズ:約 440×440mm

online shop



「黒インクと赤い糸」 サイズ:約 320×320mm

online shop



「鳥籠が鳥を探しにいった」 サイズ:約 320×320mm

online shop






鳥の声/鳥の入ル風景(とりのいるふうけい)
2018年7月20日[金]〜8月26日[日] ★火・水休館
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180






★パラボリカ・ビスでは、日野まきさんの作品を販売しております。
お問い合わせはパラボリカ・ビスまで。
TEL:03-5835-1180
メールでのお問合せはこちら≫

オンラインショップはこちら>>





日野 まき Maki Hino

長野県に生まれる。
1993年よりエコール・ド・シモンにて人形制作を開始。
1997年よりピグマリオン人形教室にて吉田良氏に学ぶ。

現在は貝殻を使った人形や、アクリル画を使用したpaper dollを制作。
立体でも平面でも人の形にこだわった作品を制作していきたい。



日野まき HP kitchen
http://makihino.org


update2018/08/08

news

中川多理/銅版画

中川多理の銅版画作品のご紹介です。

「鳥の声/鳥の入ル風景(とりのいるふうけい)」での展示風景です。

torinokoe_tari.jpg


★羊皮に刷った作品(各限定3部/銅版画作品のみの販売です)
tari_youhi_1.jpg
tari_youhi_2.jpg
tari_youhi_3.jpg


★額装タイプ(『夜想#中川多理ー物語の中の少女』1冊と銅版画のセット販売です)
tari_flame_1.jpg
tari_flame_2.jpg
tari_flame_3.jpg

★額装タイプのお求めはコチラ>>


★手製タトウタイプ(『夜想#中川多理ー物語の中の少女』1冊と銅版画のセット販売です)
tari_tatou.jpg

★手製タトウタイプのお求めはコチラ>>







[過去の展覧会]


鳥の声/鳥の入ル風景(とりのいるふうけい)

2018年7月20日[金]〜8月26日[日] ★火・水休館
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180
アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み中華屋「川湘府」の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。

update2018/08/03