rss

    news

  • editor's talk

books

2minus#01号

■特集/Ameya style(飴屋法水)
■税込定価:1575円/本体:1500円+税 ※品切

Ameya style
「ボディ感覚」をセンサーとして、
ごく当然と思われているようなことに対して疑問を投げかける。
彼の表現は音楽、演劇、美術にとどまらず、
動物を育てることさえ表現行為になっている。
彼の生き方そのものが表現なのだ。
強烈に身体的リアリティを追い求める飴屋の生き方を
「アメヤ! スタイル」と名づけたい。
彼の行為や考え方は、身体性が希薄になった私たちに
「ボディ感覚」を呼びさましてくれる。

Body Senseボディ感覚
・skin/costume スキン感覚●異物になる
・skin/copy,uniform 複製感覚●身体の個別性
・skin/masking 着ぐるみ●異物になる
・cyborg 人体改造●全身の道具化
・organ 機械になりたい?●機械と人間の区別ってなんだ
・robot 機械人間●身体変質ツール
・speed 速度●身体の限界はどこだ
・pain,terror 苦痛/恐怖
・skin/alien 異物混入●身体のジャジメント
・Blood あなたの血、私の血
・Boy meets girl 僕らは菌と共存している
・Contaminated 身体を変質させるツールとしてのテクノロジー
・family/gene 家族?遺伝●新しい関係
・JunkyFood 薬物で生きてみる?
・Lolipop わたしはかわいいアライグマ
・symbiosis 共生、小さな共同体をつくる

飴屋法水全仕事
執筆:椹木野衣/嶋田久作/飴屋法水

ノノなど、80年代サブカル・ポップの写真も満載!

update2007/02/28

books

2minus#00号

■特集/シュヴァンクマイエル
■税込定価:1575円/本体:1500円+税 ※品切

悦楽! 触覚のアニメーション

クレイアニメ、パペットアニメを始め、
アニメーションの魅力をふんだんに味わえる
シュヴァンクマイエルの特集です。
デジタルアニメーションの世界も注目する
触覚的な映像世界をお伝えします。
 
「触覚的」とは最も身体性の高い感覚です。
それを視覚で味わうという脳内刺激を与えてくれるシュヴァンクマイエル。
グロテスク、だけどユーモラス。
彼の触覚的映像を通して、
触れるのも嫌、触れられたくないという感情、
「身体の記憶」にもアプローチします。

update2007/02/28