rss

    news

  • editor's talk

【新刊】『小鳥たち』山尾悠子 中川多理



降りそそぐ小花、

時空はゆらぎ、

小鳥の侍女たちが行き交う庭園と城館。

そこは迷宮?

第46回泉鏡花文学賞受賞作家 山尾悠子の最新作!!
あらたな領域に踏み入る記念碑的小説。小説と人形が織りなす奇蹟の幻想譚。






『小鳥たち』
山尾悠子 文
中川多理 人形・写真

+++

装幀:ミルキィ・イソベ
本体価格:2,200円+税
発行:ステュディオ・パラボリカ
ISBN978-4-902916-41-6 C0093
四六判/104ページ/上製/カラー

お求めはコチラ>>online shop *8/18まで送料無料!

kotoris_jacket_K_233.jpg



★物語と人形たち
まず山尾悠子による「小鳥たち」という掌篇が書かれ、登場する小鳥たちを人形作家の中川多理が創作した。その人形作品を踏まえて『夜想#中川多理―物語の中の少女』に続編「小鳥たち、その春の廃園の」が書かれ、再び呼応して新たな人形が作られた。
さらに、最終章「小鳥の葬送」が書き下ろされ………。


★摩訶不思議な幻想小説の奇蹟の成立
山尾悠子の幻想譚は、場面が揺らぐように紡がれていき、確かにそこに伽藍はあるのだけれどもこちらの認識が朧になるという快楽性をもっている。構造はあるが、揺らいでグラデーションでずれていく。その揺らぎに現実の人形が参加しているのだ。

母、娘、そして侍女……風景も時間も
揺らぎながら紡がれていく、芳しく神々しい幻想譚。






【プロフィール】

❖山尾悠子 Yamao Yuko
一九五五年、岡山市生まれ。同志社大学文学部国文科卒業。七五年、「仮面舞踏会」(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。著書に『夢の棲む街』『仮面物語』『オットーと魔術師』『山尾悠子作品集成』『ラピスラズリ』『歪み真珠』『夢の遠近法』『角砂糖の日』(歌集)など。『飛ぶ孔雀』で、二〇一八年、第46回泉鏡花文学賞、二〇一九年、第69回芸術選奨文部科学大臣賞、第39回日本SF大賞受賞。


❖中川多理 Nakagawa Tari
埼玉県岩槻市出身。筑波大学芸術専門学群総合造形コース卒業。DOLL SPACE PYGMALIONにて吉田良氏に師事。二〇〇九年より個展多数。札幌市で人形教室を主宰。主な作品集に『イヴの肋骨』、『夜想#中川多理―物語の中の少女』(ステュディオ・パラボリカ)。
https://www.kostnice.net







山尾悠子+中川多理『小鳥たち』出版記念展

山尾悠子の小説に、中川多理が人形創作で応えていくという、
ふたりの作家が交互に創作を重ねた希有な幻想譚、
『小鳥たち』を刊行する運びとなりました。
出版を記念し、中川多理の人形展を開催いたします。
本作のために創った、黒衣の小鳥の侍女たち、そして大公妃の人形をご覧いただけます。

7月19日[金]~8月18日[日]★火水休館
会場 パラボリカ・ビス