rss

    news

  • editor's talk

news

COMING SOON !

日程は変更になる場合もございます。
詳細の決まっているイベントは、リンク先の各ページに詳細を掲載しています。


◆開催中

森村泰昌の摩訶不思議プロジェクト「MoriP100/ザムザの黒鞄」
3月18日[土]〜4月9日[日](金土日祝のみオープン)
会場■京都・山科 春秋山荘


+ + + + +


駕籠真太郎「ストレンジサーカス」
2017年3月10日[金]〜4月9日[日]★会期延長いたしました!
会場■パラボリカ・ビス


+ + + + +


劇団イヌカレー ポメロメコ原画展「カエルと屋台」
2017年2月11日[土]〜3月21日[火]
★2/11〜 ポメロメコ暗闇展+α 2/17〜 ポメロメコ原画展「カエルと屋台」





◆COMING SOON

日野まき「見つめる球体」
3月25日[土]〜4月24日[月]


井上弘久 独演 カフカ『変身』
2017年4月22日[土]、23日[日] start 15:00
料金:前売・予約 2500円/当日 3000円/学生2000円(要学生証)
ご予約はこちらから>>


中川多理・個展
2017年4月14日[金]~5月28日[日](金土日祝のみオープン)
会場■京都・山科 春秋山荘

update2020/02/08

news

劇団イヌカレー ポメロメコ原画展「カエルと屋台」

2017年2月11日[土]〜4月9日[日]※会期延長いたしました!
★ポメロメコ原画展「カエルと屋台」

昨年12月に京都の春秋山荘とパラボリカ・ビスで東西同時開催していた
「ポメロメコ暗闇展」がひとつになって2/11よりお披露目いたします!

そしてさらに2/17〜はポメロメコ原画展「カエルと屋台」と、増殖はとどまりません。ぜひ何度も足をお運びください!

ポメロメコ原画展は、パラボリカ・ビスとspace caimanで同時期開催しています。
(展示内容は異なります)






劇団イヌカレーさんの作品をオンラインショップにて販売しております!

お求めはこちらから>>






++++++++++

【新商品のお知らせ】

new!!
★イヌカレー缶[ポメロメコ暗闇/京都ver.]onlineshop→
京都・山科 春秋山荘でお披露目するはずだったイヌカレー缶。ようやく出来ました!


★缶バッジ2個セット onlineshop→


★劇団イヌカレー/シルバーアクセサリー
onlineshopにて受注販売開始いたしました!


++++++++++

劇団イヌカレー ポメロメコ原画展「カエルと屋台」
2017年2月11日[土]〜4月9日[日]※会期延長いたしました!
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み境耘閣の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。


[同時期開催]
劇団イヌカレー ポメロメコ原画展「ハトとネコ」
2017年2月17日[金]〜3月12日[日]火・水・木休み
12:00〜20:00(最終入場19:45)
※最終日は12:00〜18:00(最終入場17:45)
入場料500円(特典付き)
space caimanにて

space caiman →


販売中のイヌカレーグッズはこちら

★「床下」トートバッグ(全3種類)→online shop

★「床下」Tシャツ(全2種類)→online shop

★イヌカレー缶[東京バージョン]→online shop

★イヌカレー缶[暗闇バージョン]→online shop

★バンダナセット(2枚組)→online shop

会場では、その他、缶バッヂなど、いろいろ取りそろえております!



『ポメロメコ』劇団イヌカレー ★入荷されました

★フルカラーショート漫画15編
★8ページ描き下ろし漫画:サンカクさんの『床下展望台』
★約20点の描き下ろしイラスト:各話エンドページイラスト
★床下新聞 
★コマ、サイコロ、お札付き 床下ネズミ双六
★本体付着の封筒に家族カード5枚入り
★ポメロとロメコの型抜きダブル栞紐
★三方小口に赤印刷
★造本・装幀:ミルキィ・イソベ

A5判上製本/フルカラー112頁
定価:本体1,852円+税
発行:ワニマガジン社

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 

pome_genteiban.jpg

★『ポメロメコ』ビス限定版 ★品切れ中

[限定版購入特典]
● 特製家族カード1枚
● 限定版のみスリーブケース入り
● 白犬初期装丁案の、かわいいイラスト小冊子付き!
● 特典沢山の限定版も、普及版も、価格は同じ2,000円(税込)!
※写真はスリーブケース入りの限定版です



■アーカイブ
劇団イヌカレー・泥犬「暗闇展」/パラボリカ・ビス 2016年10月14日[金]〜10月30日[日]
劇団イヌカレー・泥犬「床下展」/パラボリカ・ビス 2016年4月8日[金]〜5月9日[月]
劇団イヌカレー・泥犬「暗闇倉庫」/パラボリカ・ビス 2016年11月4日[金]〜11月28日[月]

update2017/03/14

news

森村泰昌の摩訶不思議プロジェクト「MoriP100/ザムザの黒鞄」

MoriP100 “Samsa’s Black Case” starts!
2017年3月18日[土]~4月9日[日]※会期中の金土日祝のみオープン

ポップアートへのレクイエムからカフカへ
20世紀アートを変幻自在、スピーディに渡っていく


●Opening Event
2017年3月18日[土]15:00〜無料!(入場料500円のみ)
朗読パフォーマンス︱井上弘久「ある日のザムザ君」
トーク︱森村泰昌「MoriP100とはなにか」

●Salesman Workshop
サポート&プロジェクトメンバー募集!!
3月18日[土] 13:00〜
「ザムザの黒鞄」MoriP100を町に解き放つ、ザムザのセールスマン
リハーサル/ワークショップを行います。参加自由!!

会場︱京都・山科 春秋山荘
お問い合わせ︱パラボリカ・ビス 03-5835-1180


+ + + + +


●Tea Party
3月26日[日] 15:00〜
「ザムザの黒鞄」ティータイムセット
山荘にて、お菓子+お茶をお楽しみいただけます。ミニトークも開催!

森村泰昌ミニトーク「MoriP100とは」
    特別ゲスト:平芳幸浩さん(京都工芸繊維大学准教授)
          ミニトーク「マルチプルとポップアート(仮題)」予定
    茶菓:薄茶とお菓子
    席主:今野裕一

*森村さんの銘と箱書・墨書の茶碗、金継ぎの技法を使った特別な皿等をご覧いただけます。

料金:1500円[★要予約]
会場:京都・山科 春秋山荘
ご予約はコチラ>>



●Trunk Shops
3/18〜4/9 こちらでMoriPの作品/商品をご覧いただけます。
「MoriP100/001-005」の他にもグッズやガチャポンなどもあります!

・京都・山科 春秋山荘 →Facebook
・ロームシアター京都/京都岡崎 蔦屋書店 →HP
・細見美術館 アートキューブショップ →HP
・knot(家具店) →HP
・吉田屋料理店 →HP


「MoriP100」とは、
森村泰昌が、100アイテムを、各100個作る、壮大なプロジェクト。

「MoriP100/001~005」紹介ページ 






森村泰昌の摩訶不思議プロジェクト
「MoriP100/ザムザの黒鞄」
2017年3月18日[土]~4月9日[日]
開館日:会期中の金・土・日・祝のみ
金土日祝 | 12:00~19:00
入場料:500円
会場:京都・山科 春秋山荘
京都府京都市山科区安朱稲荷山町6map
TEL:075-501-1989(開館日のみ)
★駐車場がございます。お車でのご来場もお待ちしております。

アクセス
● JR琵琶湖線・湖西線/山科駅 徒歩20分
● 京都市営地下鉄東西線/山科駅 徒歩23分
● 京阪電気鉄道京津線/京阪山科駅 徒歩22分






森村泰昌
MORIMURA Yasumasa
1951年大阪府大阪市生まれ、在住。京都市立芸術大学美術学部卒業、専攻科修了。1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作。以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。1989年、ヴェネツィア・ビエンナーレ/アペルト88に選出され、以降国内外で展覧会を開催。2014年横浜トリエンナーレではラストをかざる炎のパフォーマンスが深い感動を与えた。日本を巡回中の「クラーナハ展―500年後の誘惑」にも作品が展示されている。2016年に開催され話題となった国立国際美術館(大阪)での個展「森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき」が、現在モスクワの国立プーシキン美術館に巡回、4月8日まで開催。

「森村泰昌」芸術研究所
http://www.morimura-ya.com/

update2017/03/13

news

日野まき「見つめる球体」

2017年3月25日[土]〜4月24日[月]

日野まき「見つめる球体」
2017年3月25日[土]〜4月24日[月]
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み境耘閣の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。


[同時期開催]
駕籠真太郎◎ストレンジサーカス 3月10日[金]〜4月9日[日]
井上弘久 独演 カフカ『変身』 4月22日[土]、23日[日]

update2017/03/12

news

駕籠真太郎◎ストレンジサーカス

2017年3月10日[金]〜4月9日[日]★会期延長決定!!

駕籠真太郎新刊『真説・世界史大全』3月16日発売記念!
『真説・世界史大全』の原稿や描き下ろしのイラストを展示いたします。
会場限定のサイン&ミニイラスト入り新刊の販売もあります!


+ + + + +

[スペシャルイベント]


■ペイデフェとのコラボ特殊似顔絵
3月26日[日]13:00~18:00 ★要予約
カラー/サイズ●195mm x 265mm
料金●5000円
所要時間●お一人約1時間(着替え時間含む)
ペイデフェの衣装に着替えての特殊似顔絵全身バージョンです。

■特殊似顔絵
4月9日[日]13:00〜18:00
カラー/サイズ●195mm x 265mm
所要時間●お一人約15分~20分
料金●2500円(一枚の紙に2名描く場合はふたり分の料金をいただきます)
通常ではない特殊加工似顔絵。頭爆発! ゾンビ化! ニャンコに食べられる!

sample

★ご予約は駕籠真太郎HP「インドで乱数」まで>>


■奇想電影レトロスペクティブ上映会(トークショーも予定しています)
4月8日[日]16:30開場、17:00開演
会場●パラボリカ・ビス

=== 終了したイベント ===

■リクエストストレンジBOX
3月10日[金]17:00〜20:00 ←終了いたしました
所要時間●約1時間
料金●会場限定価格 9,800円(税込)
ストレンジコレクションBOXの無地の面、リクエストに応じたイラストをその場で描きます。
★ストレンジコレクションBOX詳細は下記ご参照ください。

■特殊似顔絵
3月19日[日]13:00〜17:00 ←終了いたしました
カラー/サイズ●195mm x 265mm
所要時間●お一人約15分~20分
料金●2500円(一枚の紙に2名描く場合はふたり分の料金をいただきます)
通常ではない特殊加工似顔絵。頭爆発! ゾンビ化! ニャンコに食べられる!





■駕籠真太郎 ストレンジコレクションBOX
手描きイラスト装の《特装ボックス》再び!!

★特装ボックスの手描きイラストは、一点一点、オリジナルです。
★特装ボックス限定「スポーツカード100」の5シートセット付き
★限定100部(新作35点を販売予定です)
★価格(税込):12,000円/会期中・会場限定特別価格(税込):9,800円


《特装ボックス》OnlineShopでも販売中!お求めはこちらから>>




駕籠真太郎◎ストレンジサーカス
2017年3月10日[金]〜4月9日[日]
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み境耘閣の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。



syoei_waku.jpg

駕籠真太郎『真説・世界史大全』
A5版/168ページ
価格●本体1200円+税(予価)
太田出版
3月16日発売

歴史好きの皆様、子孫の方々、申し訳ありません!
エゴサーチするヒトラー! ホトトギスが鳴くまで待たない家康!
蒙古戦のため雨男をかき集める時宗! 動画投稿するコロンブス!
承認欲求の強い諸葛亮! 一夜城の説明が苦しい秀吉!
どこでも開国させるペリー!桜田門外で死ななかった井伊!
閲覧要注意の奇想歴史ギャグ絵巻、開錠!
(太田出版HPより)


[同時期開催]
しらとあきこ◎神宮字光 2人展「うさぎさくら」2017年2月18日[土]〜3月12日[日]
MoriP100 森村泰昌・屋 2017年2月10日[金]〜3月13日[月]
劇団イヌカレー ポメロメコ原画展「カエルと屋台」 2017年2月11日[土]〜3月21日[火]

update2017/03/10

news

森村泰昌とカフカ

森村泰昌とカフカ。

国立国際美術館での「森村泰昌:自画像の美術史―『私』と『わたし』が出会うとき」展の第10章 [さよなら「私」と、「わたし」]の最後のパートに、新作《少年カフカ》が展示されている。かなり大きな作品だ。驚いて見上げた。
森村の幼少期を重ね合わせたかのような新作《少年カフカ》。どことなく森村自身の少年時代を想う。


森村泰昌のカフカに出会ったのは、「夜想#カフカの読みかた」を出版してからだいぶたって、横浜トリエンナーレのエンディング「Moe Nai Ko To Baを燃やす」のパフォーマンスに演出というかお手伝いで呼ばれたときだった。「カフカ、忘れてた、とりあげれば良かったなぁ」と森村泰昌は、呟いていた。それから、あれこれあって、パラボリカ・ビスの展示に《少年カフカ》を含めたいくつかの作品を出展してくれた。エスキースということだったが、どんな本作ができるのだろうかと思っていた。凄い、こうなるのか。森村さんは、手の内を明かさないというか、そのときにぱっと閃いた方に行くというか、エスキースを作っている時はどうなるかは考えていなかったのかもしれない。

森村泰昌は、美術史の作品の中で、歴史の人物の中で[私]を見せてきた。何になっても森村の[私]が前に来る。でもそれはあくまでも作品の中に現れる森村という[私]であって、美術に装われている[私]である。《少年カフカ》は、それより、少し生の森村に近い。生の少年に近い。

パラボリカ・ビスと森村泰昌のコラボが[MoriP100]という形ではじまったが、根底でカフカが動くらしい。京都では、[ザムザの黒鞄]という展覧会になる。これからどうなるのか、森村にもパラボリカにも分からない。それでこそ森村アートだと思う。
(今野裕一)




少年カフカの羊 photo: yuuichi konno



少年カフカのためのエスキース →onlineshop


青年カフカのためのエスキースより 1 →onlineshop


青年カフカのためのエスキースより 2 →onlineshop


青年カフカのためのエスキースより 3 →onlineshop







開催中!
MoriP100 森村泰昌・屋
(2月10日〜26日開催の第9回恵比寿映像祭での展示と、本展は連動しています。)
2017年2月10日[金]〜3月13日[月] 
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00 
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み境耘閣の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。

update2017/02/28

news

森村泰昌「作品/商品」第1弾 :MoriP100/001~005

●「作品/商品」第1弾
タイトル:「MoriP100/001~005」

モリムラによる“ポップアートの棺”、発売!
Morimura’s “Coffin for Pop art” is now on sale!
★onlineshopにて販売開始いたしました!ご注文はこちら→onlineshop


MoriP100 Project第1弾のセットには、#001〜#005までの5アイテムをパッケージしました。

[セット内容]
#001/Morillo box_L モリロボックス[大]  
#002/Morillo box_S モリロボックス[小]
#003/Morilyn coasters (a set of 12) モリリンコースター12点セット 
#004/Morilyn masking tape モリリンマスキングテープ
#005/Morilyn button badges & a mirror モリリン缶バッヂ&ミラーセット

・限定100部
・ボックスにサイン
・会場限定価格:28000円(税込)
・一般販売価格:35000円(税込)


[お問い合わせ]
ポップアップストア1号店:parabolica-bis(東京・柳橋)

ご注文はこちら→onlineshop


他に新発売のグッズやガチャポンもあります!








MoriP100 森村泰昌・屋
(2月10日〜26日開催の第9回恵比寿映像祭での展示と、本展は連動しています。)
2017年2月10日[金]〜3月13日[月] 
■月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00 
■入場料:500円(開催中の展覧会共通)
■会場:parabolica-bis(パラボリカ・ビス)
住所:東京都台東区柳橋2-18-11 map
電話:03-5835-1180

アクセス:
「浅草橋」駅JR東口・徒歩6分/都営浅草線A6出口・徒歩4分
駅から:江戸通りを浅草方面に進み境耘閣の角を右折。2本目の道を左、1本目の道を右に入る。







森村泰昌
MORIMURA Yasumasa
1951年大阪府大阪市生まれ、在住。京都市立芸術大学美術学部卒業、専攻科修了。1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作。以降、今日に至るまで、一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。1989年、ヴェネツィア・ビエンナーレ/アペルト88に選出され、以降国内外で展覧会を開催。2014年横浜トリエンナーレではラストをかざる炎のパフォーマンスが深い感動を与えた。日本を巡回中の「クラーナハ展―500年後の誘惑」にも作品が展示されている。2016年に開催され話題となった国立国際美術館(大阪)での個展「森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき」が、現在モスクワの国立プーシキン美術館に巡回、4月8日まで開催。

「森村泰昌」芸術研究所
http://www.morimura-ya.com/


[同時期開催]
劇団イヌカレー ポメロメコ原画展「カエルと屋台」2017年2月11日[土]〜3月21日[火]
しらとあきこ◎神宮字光 2人展「うさぎさくら」2017年2月18日[土]〜3月12日[日]

update2017/02/23