rss

    news

  • editor's talk

【京都】『夜想#中川多理—物語の中の少女』出版記念展・京都巡回展

2018年12月1日[土]~12月23日[日]@京都・山科 春秋山荘
★会期中の金土日祝のみオープン


「夜想#中川多理―物語の中の少女」出版記念の東京展の人形はお迎えが決まり、
改めて新作をもって京都巡回展を開催いたします。


+─────────────────────────────────+
 ☆多理茶話会☆
+─────────────────────────────────+
■日時:2018年12月2日[日]14:00~/16:00~
■お茶:夜想ウンカ茶2種(夜想編集長による手製茶、夜想編集長がお淹れいたします)
■菓子:le five(ル・フェーブ) >>HP、山荘特製ピール
 14:00~は生クリーム、16:00~はチョコレート系のケーキを予定しています。
■ホスト:中川多理

■料金:3500円(入場料込)
■定員:各回6名
■会場:春秋山荘
   (京都市山科区安朱稲荷山町6)

※古民家での開催となりますので、どうぞ足元あたたかくしてお越しください。

★今年、各所でウンカ茶を作りました。和束、吉賀町、清川。
それぞれで新しい拠点、アートの可能性を感じてきました。
来年の抱負を含め、ウンカ茶を披露します。(今野裕一)

★ホールケーキを切り分けてサーブいたします。各回ごとにちがったケーキをご用意します。お楽しみに!

ご予約はこちら>>






[販売方法について]

先着順での販売となります。
受付スタッフにお声掛け頂いた方から一人ずつ順番に購入受付いたします。
当日は、オープン時にお並び頂いた順に入場受付をして頂きます。
作品をご覧頂いた後、ご購入希望の方は受付にて承ります。

★ご希望が重なった場合、抽選になることもあります。
★お申し込みのなかった作品は、会期中または終了後に、メール・電話での受付開始いたします。

☆会期終了までにお支払い完了をお願いいたします。
☆お支払いの残っているお客様は購入できません。
☆キャンセル不可
☆転売不可






『夜想#中川多理―物語の中の少女』
cover_sample.jpg


★好評発売中!→お求めはコチラ


中川多理の作品集であると同時に、本書は『夜想』特集「中川多理―物語の中の少女」である。
この特集号では、人形から文学そして人形へ(皆川博子)、
文学から人形そして再び文学へ(山尾悠子)という、
人形と文学の連鎖、コラボレーションが行われた。
「創作ノート」では、人形の身体空間を媒介とする、
これまでにない文学の読み方を楽しんでほしい。


ドール・写真■中川多理

書き下ろし■皆川博子/森島章人/山尾悠子
執筆■綾辻行人/東雅夫/篠塚伊周/今野裕一


[とりあげた作品]
「カファルド」ボナ・ド・マンディアルグ/人狼の少女
「海の百合」アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ/ヴァニーナ
「仔羊の血」アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ/マルスリーヌ・カイン
「エレンディラ」ガルシア・マルケス/エレンディラ
「氷」アンナ・カヴァン/アルビノの少女
「田舎医者」フランツ・カフカ/女中ローザ
「スノウホワイト」諸星大二郎/白雪姫
「押絵の奇蹟」夢野久作/井ノ口トシ子
「死の泉」皆川博子/レナとアリツェ
「大きな翼のある、ひどく年老いた男」ガルシア・マルケス/幻鳥譚
「そこはわたしの人形の」皆川博子/少女と髑髏
「小鳥たち」山尾悠子/小鳥の侍女


■出版社:ステュディオ・パラボリカ
■書名「夜想#中川多理―物語の中の少女」
■本体2800円+税
■ISBN978-4-902916-40-9 C0070
■A5判/128ページ/コデックス装、寒冷紗カバー装








【京都】『夜想#中川多理—物語の中の少女』出版記念展・京都巡回展
2018年12月1日[土]~12月23日[日]
★金土日祝のみオープン
■金土日祝 12:00~19:00
■入場料:500円
■会場:京都・山科 春秋山荘
京都府京都市山科区安朱稲荷山町6map
TEL:075-501-1989(会期中のみ)
★駐車場がございます。お車でのご来場もお待ちしております。

アクセス
● JR琵琶湖線・湖西線/山科駅 徒歩20分
● 京都市営地下鉄東西線/山科駅 徒歩23分
● 京阪電気鉄道京津線/京阪山科駅 徒歩22分




春秋山荘Facebook→https://www.facebook.com/syunju.sanso/